スポンサーサイト
category: -

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -, -,このエントリーを含むはてなブックマーク
ライヴいけない ごめんなさい ツィートが絶対悪とされてる事象について
category: 音楽ネタ

最近モヤモヤしてる件

 

「今夜のライヴ、いきたいけどいけないんですごめんなさい」
とのアーティストさんへツィート

 

こんなのいらねー そういうのはまじいらないから て

 

バンドさんたち、アイドルさんたち、ライヴ企画者さんたちなど関係者様からよく定期的に発せられて、or リツイート拡散されてるのよくみかけます。
さらにファンのみなさんからも拡散支持されて、大勢としてこのようなツィートするやつバカだろ的空気になってまして、

 

そういう雰囲気に弱いわたくしもそういうツィートしないよう極力しないよう務める今この頃なのですが。。。

 

「お客さん」の立場から感じたこと

 

あー わからないんだね
お客さんもいっしょうけんめい生きてる人間だよ

 

てこと

 

◯演者さん他業界の方からみると

 

まずキャンセルされるとがっかりしますよね。そりゃそーです。


そんなんいわれるとへこみますモチベさがります。いうなよそんなこと
知りたくないですよね確かに、そんな情報。
だからツィートしないのは大正解

 

◯お客さんの心情

 

社会人的マナー

 

サラリーマンならそうなのですが
アポイントメントなど予定キャンセルするなどのとき、こんなのちっちゃいことですけど、
相手に対するネガティヴな情報はシカトするのはもっともやっちゃいけないこと

 

即、迷惑かける相手に即かつ正確に伝える、そして謝る。

 

お客さんな大多数のひとたちはそんな習慣を叩きこまれてます。

 

だから
伝えないと気持ち悪いんです。

 

懐具合

 

よっぽどのセレブじゃない限り人の一ヶ月に使えるお金は限られてます。
ライヴとかよく通うひとほど念蜜な計画を立てます。

 

自分にとってコスト(料金、グッズとか出費)とその見返り(満足感)
いわゆるコストパホーマンス コスパってやつっすね。

 

お金ないときはほんと無理、どうやってもライヴいけないのです。

 

ライヴハウスいくひとはすごくお金持ちばかりっておもってないですか?

 

「推し」ランク

 

その上で
お客さんも人間です。

 

どうしてもいちばん「推してる」(好きな)アーティストさん行きます 当然です。

 

だけど
いけなかったアーティストさんも大好きです。

 

ふつーの「やさしい」ひとならば
いけないアーティストさんにネガティヴですけど、せめて報告します。当然の心情でしょう。

 

◯だからね

 

お客さんのこと考えてあげてください。

 

ちな
俺が大好きなバンド、演者さんからは俺はそんなこと聞いたことないので
俺は恵まれてます。

 

「ごめんなさい」なんていらないとか悲しいこといわないで
わかります
演者さん側、みんな命かけて戦ってるの。

でもお客さんも趣味趣向を超えてある意味命かけてるんです。

 

もちろん以上はある意味熱いひとたちのことのことで、これ以外に空返事してるようなのもあるとおもうし、いわゆる確信犯的ツィートとかいろいろあるのもわかります。

 

だが たぶん大多数のひとはこんなかんじだとおもうよ

 

JUGEMテーマ:音楽

 

 

 

comments(0), trackbacks(0), -,このエントリーを含むはてなブックマーク
女神生誕とかいろいろ(ありすぎる)〜 9.21 エコ怪獣軍団@渋谷WWW
category: 音楽ネタ

エコ怪獣 初渋谷WWW 

ツアーファイナルでした。そういやいっぱいいった。だが

女神ヴィーナス・シンコ 生誕を祝う。。。。とか

いろいろ意気込んでいったWWWでした が

 

 

え?

ゆぴゆぴ? 

 

復活! 開演前からいきなりの衝撃

 

■セトリ

 

ゆぴゆぴ

1 きらきらぴかぴか
2 すき

 

二代目エコ怪獣

1 戦う白黒スウィーツ
2 彗星らいだー

 

エコ怪獣

1 怪獣Rock’N'roll
2 大きな魚
3 夢へのカウントダウン
4 怪獣戦隊エコレンジャー

 

en1 ハイパーソニックラブ
en2 うさぎファンタジー
en3 愛のブランコ
en4 メロンマン
en5 ラララララ

 

ゆぴゆぴ

 

こうきたか。。。 復活プロジェクトはかねてからあったけど ここにぶつけてきたか的な斜め上感

で スタートのゆぴゆぴ

ゆぴゆぴは変わらなかった そこがいい

 

本人たちも認める名曲「すき」

いいんだよなぁ うん 

ひょっとしたら軍団一「愛されている」曲 ステージかもしれない 推しとかそんなの関係なく

だからこそこんなに望まれてた瞬間だったかも・

 

終演後「かわいい」の声も。そんなユナユメ

 

妖精ユナは、そういや今宵一番の出現率 いちばんタフな出演者だ。

 

二代目エコ怪獣

 

2曲ぢゃ少ないなぁやっぱ あえて。。。

ここで二代目かてのはあった。

 

てのも

エリィちゃんが二代目ボーカルはラスト(初代ダンサーに専念)

もっとエリィの「エコ怪獣」を てのはあります正直なところ

 

「怪獣エリィ」をもっと観たかったが いや しっかり見届けたぜ

 

「戦う白黒スウィーツ」は強烈

まじ、二代目の最高曲にしてこれぞ っていう個性の確立。

続く「彗星らいだー」でボーカルをエリィからリリィへ引き継ぐ瞬間

 

今宵は怪獣着ぐるみだった(SEまでそのストーリーだったのがこれまた乙)

リリィちゃんの怪獣姿はびっくり(笑) さらに物販までずっと怪獣だったのは熱いもん見せられた(本人は絶対熱いw)

 

エリィ リリィ ユナ ユメ

それぞれの道

俺はずっと観て行きたい

 

■エコ怪獣本隊精鋭

 

公演前から「愛のブランコ」待望の声がすごかった(笑)

もちろん

ひとつのクライマックス、「愛のブランコ」 なんかすごかったんですけど気みたいなのが(笑)

 

さて

今宵のエコ怪獣メンバーの「白」で統一の衣装が凄みあってまずひと目から圧倒(シンコさんのTシャツのメロンマンがめちゃほしいっ)

 

それからハードな雰囲気のバックバンド

それにまざるマリリンピーチ。。。。マリリンいろんな意味で2次元人形(笑)強烈でした

マリリンはコーラスデビュー 

もっとマリリンを入れてほしいなぁ 音的に 

 

「メロンマン」

評価は分れるか?

て ぐらいたぶん初めての曲な感じだったので。

 

爆音だったので、これはバンドだからってのもあるし、初めてだったのもある。

これから洗練されて調整されたライヴ演出によるかもしれないけど

 

セツさんからのMCの「エコ怪獣は同じことは2度とやらない、挑戦しつづける」意思が思い知らされる衝撃的なステージでした。

個人的には好き、こういうの

なんというかですね

攻撃的だったんですよ これタイトルロールでしょ? こんなに攻めてだいじょうぶなのかというのもあるんです。

詞も強烈だった気がする

それに

いつもバンドではできないとおもうけど、その場合どうなのか?バンド限定なのか? とか

だが

わくわくする

そんな曲です。これもエコ怪獣か てね

 

ライヴ構成

うーん それでも物足りなさがある。せっかくの主催にしては曲数が というのは逆説的なファンの感覚かもしれない。

構成の質的なレベルは、いまのこのシーンでは最強レベルと感じる。

俺が最高と描くシナリオを180°反対いくこのセンスがあるこそ俺がいちばん惹かれるライヴなのだけど。

 

ひさびさの「夢へのカウントダウン」も演出、そしてアレンジも変わってましたねぇ

うん名曲です。これぞエコ怪獣な曲でありステージなのですけど、今回、さらにってのもあり

このときいちばん感慨でした。

 

なかなか他所ではみないライヴ構成もみどころでして

まぁ アンコールなんかもね 「ヴィーナス」「シンコ」コールですよ。自然発生的な

んで

そんな女神ヴィーナス・シンコな雰囲気のなか現れたのが

 

エリィちゃん ソロ ほんともうしわけない(笑)

そうだ エリィはソロもあるんだし 「ハイパーソニックラブ」ショルキーもひさしぶり

それにアンコール2曲目の妖精ユナの俺のなか名曲確定「うさぎファンタジー」!

 

みんなシンコさんへのおもいを語り、シンコさんの曲を演じる

シンコさんが愛されてて、ほんといいグループだとおもう・

 

「怪獣戦隊エコレンジャー」

肩くんで歌うお客さんたち ほんと楽しいなぁ 

大きなイベントじゃないと体験できないけど、、、逆に毎回だったらむさいけどw だが ほんと楽しい

 

今回

視覚的、聴覚的、感覚的に

サイケデリックで強烈なライヴでした。この感覚このセンス、直感的に感動しました。

 

■その他諸々所感

 

そうだ

ライヴ前に流れるBGMからすでにライヴ状態だったお客さんたち1段目(WWWはステージが3段あります)がおもしろかった〜

こういうの俺いいとおもうんすよね エコ怪獣に通うひとつの理由。

 

それから今回のハイライト

「メガネかサングラスのお客さん100人ならば女神がサングラス(女神の目:女神主張)を脱ぐ」

結果・・・・91人で女神勝利 が残念(笑) 逆にこの人数がリアルで反論の余地ねぇw

 

という

なにから語ってよいのかわからんぐらいなKKL16だったのですが

 

俺的にはなんかひっかかるもんがありましてですね

あえて、まだまだエコ怪獣はこんなもんじゃないっておもうんです 軍団全体ね

今宵は不安いっぱいだったとおもいます。 これはいろいろ新しく変わったところが多かったし、エコ怪獣としてもそれをあえてぶつけてきた場だったとおもうけど

もっとよくなってから

 

俺はそのときこそ最強と評したい

 

JUGEMテーマ:音楽

 

 

 

comments(0), trackbacks(0), -,このエントリーを含むはてなブックマーク
二代目初ワンマン〜 8.21 エコ怪獣軍団員ダンサーズ&二代目エコ怪獣 @西川口Hearts
category: 音楽ネタ

二代目エコ怪獣 祝 初ワンマン

んで

 

つめこみすぎwwww

 

 

てか

エリィ金髪!

なぜ金髪? いや この瞬間まで 金髪がズラだとおもってたよ(笑) 前日のがズラだったという

 

この日

 

スタートが10:45 AM スタートという超早ライヴにして

はやくから むしろ 朝から遠足気分な軍団員の皆様 いえ ほんと好きだな〜こういうの

 

呑んでました 呑まないとやってられなかった その理由。。。。 

私 マッキー 初 ステージデビュー

 

■エコ怪獣軍団員ダンサーズ

 

いちばん心配だったのは しーん となること(笑)

 

でもねでもね

 

ほんとありがとうございました!

エコ怪獣軍団員のみなさん フロアが美しゅうございました。いえ 緊張で観えてないっすでもわかりました。

 

エコ怪獣軍団員ダンサーズとは

エコ怪獣が主催するダンススクールの生徒たちの発表会でした。

まだまだ開催されてますのでぜひご参加を

 

http://www.ecokaiju.net/#!school-2/rgrvy

 

一週間前に知らされたんだけど

この瞬間のためだけにリミックスが作られたんだって! by もちろん女神ヴィーナスシンコ

光栄すぎるじゃないか それに かっこよすぎる! かっこよすぎておなかいたくなった(笑)

 

俺はこのなかぢゃいちばんへたくそだったけど、なぜかセンター的な?wwww ユナ先生きびしすぎwww

実力の半分もだせなかった なんてダサいことしかいえないけどほんとなんだな いやダサいけど プロは厳しいねぇ。。。

でも

めちゃうれしかった

おわったあと ステージにでてきたユナ先生と目を合わせられなかったぐらいなんだけど

でも ユナ先生 押忍 精進します 

 

んで

素人なんですね やっぱり でもね 

あとから これもこの二代目エコ怪獣ワンマンの一シーンだったのは間違いないと思ったんです。

 

そのあと二代目エコ怪獣がスタートでした・

そしていろいろあったんですけど 

イベント。。。。多いわっ(笑)

 

■マリリンピーチ

 

エコ怪獣が渾身のスタートをきり、その演劇風演出のなか。。。 

 

吸血鬼 マリリンピーチ 復活!

 

エコ怪獣オリジナルの アドベンチャー 一曲

秀逸なカバー 惡の華 がマリリンのてイメージでこれもやって欲しかったんだけどね 

 

マリリンはほんと不思議な存在感

エコ怪獣軍団運営としては使いどころが難しいとおもうけど

だが 

このアーティスティックな不思議な存在感はすごい 

いや「吸血鬼」は妙だとおもう(ていったらおこられるかw)

 

きわめてほしい マリリンはすごいボーカルの可能性、感じる

そして、 惡の華も 近いうちに盛り上がりたいっ

 

■怪獣ササヲ

 

ササヲをエコ怪獣のステージでみるのはラストかー

 

それでも

楽しそうだったな うれしそうだったな

たぶん 未来 確かな未来に挑戦する姿、そんな攻撃するササヲだった

 

ちっちゃな怪獣だけど大きいとおもった 大きくなってほしい 怪獣を卒業するからちっちゃくなくなるかもしれないしそもそも怪獣じゃなくなる

二代目でも「先生たち」にもまけてなかったです。

エコ怪獣でのササヲ すごかった

 

■人形リリィ

 

新加入の リリィさん

 

人形だそうです。

 

よろしくです。 

まぁ 初めてみたてわけでわないですけど(笑) 

 

エリィ&リリィ ツインボーカルは ちょっとまだ慣れなかったけど でも迫力でした。

期待の人形です。いいかんじ♪ぁ

 

あれ? ボーカルポジションすよね?

かなしみをたべなければ?人形でたべる? 。。。推論は二代目エコ怪獣にて

 

■二代目エコ怪獣

 

芝居系な演出は初めてだったか!?

MCの銀幕一楼さんを交えた進行は秀逸

 

ササヲが参加してぐらいかな?そんなころからの怪獣着ぐるみ衣装

正直、俺は暑そうでかわいそうとおもってた なにより エコ怪獣のシャープな動きがどうしても相殺されててどうかな?ともおもってました。

でも なんだろ

ずっとみてたから 愛おしいくてねぇ 逆に怪獣インパクトを与え続けてたとおもうし

 

ストーリーの進行 

マリリンピーチ復活登場

そして ササヲ。。。。

 

ササヲがステージを去ったら

 

クールなモノトーンドレスのエコ怪獣

金髪なエリィが 怪獣だけどフランス人形のよう

「エコ怪獣って? どのへんが怪獣?」 てのがエコ怪獣の本領だとおもうので

いまこのとき、その原点が思い起こされて、強烈

 

新曲「戦う白黒スウィーツ」

まっさきに そのダンス、動きに衝撃った。すごいっ またすぐみたい系なあやうさ

歌もねぇ エリィの真骨頂だろこれ

二代目が完成したかと感じた。 これなら戦える いや 俺比最強レベルが誕生したとおもった

 

リリィのツインボーカルも 豪華ておもった 

 

のに。。。。

 

エリィちゃん 二代目卒業 えええええええ

怪獣人形エリィは初代エコ怪獣でのダンサーを極めるとのこと でよいのかな?

斜め上いく展開に軽く失神(笑)

 

二代目エコ怪獣はどうなるのか?

いえ 演者としての体制には全く問題ないです うん

リリィさんがボーカル? リリィさんは人形 

人形と妖精と妖精  怪獣は? とか 怪獣いなくなる?がエコ怪獣 とか ちょっと考えたが(笑)

 

俺 でも エリィボーカルは好きだった セツさんとはまた違ったベクトルでのエコ怪獣っぽさてのがさ

もちろん これまでの経歴から 軍団でのソロとか人形と妖精とか全然心配ないんだけど

二代目エコ怪獣に新しい可能性を抱いてたのはエリィちゃんの歌だったので 

 

だが

納得いくまでみつづけてやろーじゃないか。。。。

 

■PS

 

ササヲがんばれ。。。 戦友の旅立ちに 最大の尊敬と愛を

もー せっかくみんなでササヲでもりあがってたのになー(笑) このやろ

 

 

JUGEMテーマ:音楽

comments(0), trackbacks(0), -,このエントリーを含むはてなブックマーク
8.04 イロメガネ37.2℃リリースパーティー @西川口Hearts 〜エコ怪獣とかイロメガネとか
category: 音楽ネタ

エコ怪獣からのイロメガネ

という流れが凄まじかったので。。。。

 

まずは この企画、 この発想はなかったわ感 な組み合わせつくった方、感謝です。

ほんと俺だけの趣味かとおもってたけど、そういや3度めの対バンだし。

 

セツさん vs   あゆさん

 

これに尽きるっしょ

あとね

実はエコ怪獣バンドvsイロメガネバンド

 

■エコ怪獣

 

「まじっくすとろべりー」でセツさんの前にはスタンドマイクが立てられてた。

あとで、なんでスタンドだったの?と聞いたら「だってバンドでしょ?」と 。。。

 

 

今宵のエコ怪獣、レアだったとおもう。

まじすと もそう 

これまでセツさんチューンボイスのところが エリィ&ユナ 生コーラスだった! がおがおのとこね

 

ひさしぶりになっちゃった「夢へのカウントダウン」

圧巻でした

そして、これまた演出が変わってた! 食べるシーンが 実は・・・なかった。でも食べられたのはユメちゃん。

逆に挑発的な演出だと思った。セツさんほんとすげぇな

 

俺は自負するぐらい いっぱいエコ怪獣みてきてます。

そんなかで

今宵のバンドはこれまで観てきたエコ怪獣バンドのステージのなかで 一番だった と

 

バンドとしてはほんと難しいとおもう

 

今宵だって「アイドル」だからって それだけで観ないお客さんもいたかも(エコ怪獣はいわゆる「アイドル」とはまた違うとはおもってるけど)

先入観てのわあるし

エコ怪獣の個性である エリィ ユナ ユメ ず とバンドを合わせるんだってとってもデリケートな問題だと思ってました。

 

そして今宵、バンドがシンクロした そう感じました。

これ こうなったら 日本の音楽シーンでもこのジャンル、エコ怪獣だけじゃん? ってときめいた。。そんなレベルです。

あらためて シンコさんすげーな 

すごいのつくったなと。

 

見た目もインパクトあるんですが

セツさん エリィちゃん ユナちゃんの 髪飾り 

それぞれのデザインだったけど、統一感あっておしゃれ なのも。 ほんとこのセンスのよさには毎回感嘆させられる。

いちばん大きな飾りのエリィはMCでたいへんなことなってたけど(笑)

逆にそれだけライヴパフォーマンスが激しいんだよな。 

 

リリースパーティーの俺的ファーストインパクト 強烈すぎました。

 

■イロメガネ

 

イロメガネは昏いのか?

もちろん そんなのも魅力のひとつ

 

 

スタートから爆音

いや 全編爆音て(笑) いろんなバンドのライヴんなかでもひさしぶりだなこういうステージ

バンドならバラード入れてちょっとは泣かせるでしょ て常識が通じない それがイロメガネ(笑)

 

「空はみずいろ」がいいかんじで燃えられてうれしくなった。

(クラッピングすら恐る恐るスタートした何年か前が逆に懐かしいw)

 

これまであゆさんのボーカルの流れを注意深く見守るっていうスタイルだったんだな と今になっておもった

今宵はそんなの意識しなくてもあゆさんが がんがんとびこんできて、脊髄反射で脳内処理できた。そして酔った。

 

もちろん、「思春期」とか泣かせる系もあったよ。

だが、バンドバージョンでは激アツなフィナーレになるんだよな

それが どの曲でもていう

常に熱い

だから 毎曲がハイライト 

バンドではいつも感じる感覚なんだけど 今宵 このステージはひときわ強烈だったんだよ

 

あ 「思春期」 ほんと好きな曲

あゆさん泣かないで〜 といつもはらはらなんだけど(笑) それも恒例か

 

んで

最近 ていうか ほんとは昔からなんだけど

昏くないんだよなぁ イロメガネ もちろん昏いのからとっかかるファンも多いんだけど

俺は底抜けなのから入ったんで

 

「なによりも、へいおんを。」

最近では「勇気をもってグッド・バイ」か

このハチャメチャ感、もうすごすぎるっしょ 

なにこのメロディー!? 脳内再生系なのがイロメガネの最大の魅力だと断言します。てかしてました

 

本編ラストの「3連符4拍子」なんてもはや芸術だとすら。。。この瞬間がいちばん楽しい! なんでこれができる?ていう境地(笑)

 

アンコールの「私のニュース」でやられた。。ズルいっしょ(笑)

 

■コラボ的な

 

今回、この両極端な個性、いちばんのテンションで体感できたのは俺だとおもうんですが

やっぱこれこの流れ続けて観なかったとしたらほんともったいないとおもうんすよねぇ

俺は企画物いったらなるべく全出演者観るようにしてるからこそ、イロメガネにはまったり、エコ怪獣を発見したりとかできたとおもう

まぁ半分愚痴るけど

自分の好きなジャンルじゃないからと観ないてのはほんと損すると。。。 ちょっとだけアピールしたい

 

本題だけど

 

すごく俺的にしっくりくる競演だったとおもうんです。

またみたいし なんなら企画したいなぁ

 

両者に共通するのは

そこいらには転がってない 強烈なインパクトな演者だということ

実はスタイルも似てたりする。

バンドはサポートで、あゆさんだってDTM職人だし、セツさんは稀代のボーカリストだし

 

いや

ほんの数カ月前までは予想だにしなかった展開だったもので、ぶちあげちゃいました。

 

 

JUGEMテーマ:音楽

 

 

 

comments(0), trackbacks(0), -,このエントリーを含むはてなブックマーク
7.29 エコ怪獣 @渋谷WOMB 〜 KKL14 エリィ生誕
category: 音楽ネタ

うーむ俺としたことが遅刻しちまった。。。。(別に会場名にかけたわけでわない)

 

俺的波乱の幕開けでしたが(笑)

 

まずは人形エリィ生誕 3歳

 

 

この一年いろんなことあったエリィちゃん(いつのまにか ちゃん と呼んでる) 

怪獣にもなっている。 感慨深いですね〜 

一年前はエリィ エコ怪獣一番人気のこ ってイメージだった。

いまこの日、それだけじゃない、存在感がすごくて俺のなかでも重要な「歌い手」のひとりです。それが感慨深い。。。

 

それから 星の妖精ユメ デビュー一周年

スタートユメソロを逃したのが痛恨。。。

 

 

だが

ユメちゃんはエコ怪獣の一個性になった。 これも嬉しい。。

邪推だが

今回、このツアーではすべてのシーンに出演していない

「歌」での方向性なのだろうか? 動向気になる。。。。。

 

■セトリ

 

1 きらきらぴかぴか(ユメ ソロ)

2 怪獣ROCK'N'ROLL

3 大きな魚

4 サササササ

5 怪獣戦隊エコレンジャー

 

en1 ハイパーソニックラブ

en2   ラララララ

 

■ライヴのようすとか

 

会場にとびこんだら「怪獣ROCK'N'ROLL」がが鳴り出した

すっかりフロアはできあがってた

すごいなー て

いきなりこれがエコ怪獣なのか!? と

 

WOMBてのはあるでしょう

「サササササ」では、ビールのみながら踊った。そうしたかったんです。

 

全編バンドだったけどゴリゴリしたのなくて 洗練されてた

サイバーチックな近未来感 てのが印象的だった。あんなによく聴いて、観てきているステージなのにね。

客観的にみても初めての感覚だった。 

 

俺はあとからやってきたので後ろから観てたんだけど(てかお客さんが多かったね! あと後ろで盛り上がるのも楽しw 後ろチームも何人かいてこれはこれで楽しいw)

ステージだけじゃなくてね、フロアのお客さんのね音とか動きとか

これ全部あってこその最高のライヴだったんですよ。すごい光景みたなぁ〜て

 

もちろん、バンドの音、セツさんの歌すばらしい

ステージ上のエリィ&ユナの一挙一動はもはや芸術

 

それに加えて

フロアの両横から反響し会場を包こむお客さんの音

ステージにシンクロする動きと熱狂

とっても綺麗なライヴでした。 

 

あー こういうのもっと体験したいなぁ〜 これだよこれっ

 

エコ怪獣はこういうのいちばんよくやってくれるライヴです。

もちろん

俺の「ヲタクな心理」は多分にあるよ

だけど それを差し引いても、なお、何が起こるかわからんドキドキと、それにもかかわらずその性能の高さを必ず担保する実力。

加えて お客さん

俺のなかでは現状最高レベルです。ほんとお客さんもライヴつくるんだよ〜。ね

 

アンコールで

エリィちゃんの「ハイパーソニック」 

ひさしぶりのショルキー そしてバンドバージョン

チューンのほとんどかかってない歌は少し戸惑ったけど、これはこれで悪くない。ライヴっぽい

鍛えて安定すればていう将来性ある歌、俺はきらいじゃない。もっとソロ聴きたいな。

 

ただ難をいえば

 

もっとやってほしい ライヴ構成にもっと厚みがほしいというべきか

ツアーファイナルにしてこの曲数はあきらかに少ない。

せっかくのこのレベルだったんだから もっと畳み掛けるべきだったとおもう。

もうあとほんの数曲詰め込んで毅然と進行していたら伝説になってたかもしれない。

逆にいえばそれだけ衝撃あったということ

 

■オタなこと

 

エリィちゃん3歳お誕生日おめでとう!

これからもよろしくね(先生-生徒としては伏しつ。。。お願いいたします)

ダンサーとしてはさらに迫力ある光景みせてください。

ボーカル、とっても期待してます。

 

ユメちゃん 一周年おめでとう!

がんばってねー ほんと。。。。 

ユメちゃん音源もほしいね

 

あと

昨年につづいてほんと感動しました。おつかれさまでした。

そして本来「ヲタクでなかった」俺にとってはすごく勉強になります。。。

 

ちな

 

「メロンマン」の物語はつづく(えーwww)

次の(笑)ツアーファイナルは 渋谷WWW (なんだって!?)

 

JUGEMテーマ:音楽

comments(1), trackbacks(0), -,このエントリーを含むはてなブックマーク
「決意」〜 4.17 エコ怪獣 エコラ怪獣@KKL12 西川口HEARTS
category: 音楽ネタ
KKL12は 俺にとってはほんと楽しみにしてた企画だったんですよ!

対バンでまさかのイロメガネといっしょてのがね うん 

そして マリリンが復活 
バンドでとか

語り尽くせないので 俺にとっては本エントリーはださいことなっちゃってるかもしれなくて もうしわけないっす
でも全部いいたかったんです

■セトリ
 

エコラ怪獣
 
1 怪獣ベイベー

2 パラダイス
3 らぶ and もんすたー

 
エコ怪獣
 
1 悪の華(カバー マリリン ソロ)
2 アドベンチャー(セツ マリリン)
3 うさぎのファンタジー(ユナ ソロ)
4 ハイパーソニックラブ(エリィ ソロ)
5 MEZAME
6 大きな魚
7 サササササ
8 夢へのカウントダウン
9 怪獣ROCK'N'ROLL
 
en ラララララ

 
■ライヴのようすとか
 
エコラ怪獣
 
もっとも成長著しいんじゃないか?
 
まだ3曲、4曲しかラインナップはない?
でも 今宵はみんな楽しそうにやってたなぁ
 
リリカちゃんは エコラではしっかりエコラ怪獣リリカでエコ怪獣では妖精ユメをこなす
まずはメインボーカルリリカのすさまじさに括目
 
レイナちゃんとササヲちゃんはほんといっしょうけんめいでかわいい
彼女たちはまた「うまく」なった!
うん なんかね エコ怪獣軍団の新しい一面ですよね みていてほんと楽しい てか 癒される(ていうとおじさんくさくなるがw)
これからが楽しみ
とは いいたくない
いま 楽しませてくれ エコラ怪獣はやってくれるポテンシャルあるって
 
まぁ 今回のMCはやりすぎたな笑
まあまあ 若いってのはいい ラインナップできたらもっと曲中心でやったほうがいい MCも大切だけどね これから間の読み方てもんうまくなってくでしょ うん
 
そうだ
「らぶ and もんすたー」 よかった!
 
エコ怪獣
 
いきなり 今宵のクライマックスその一!
 
待ちました 俺だけじゃない 今宵集まった軍団員すべてが この瞬間を待っていたんだとおもう
おかえりなさい。。。
 
マリリンピーチ
 
客観的にみてもさ マリリンの歌はおもしろい なんだろう ずっと思ってたんだ エコ怪獣軍団で必要だってぜったいマリリンは
「悪の華」はカバー曲だけど これぞマリリン ずっと大好きだったステージ
 
そして
 
セツさんとの「アドベンチャー」 これから!ってときの曲だったからなあ セツさん的にも期待の一曲だったとおもうし
 
でもこのときに同じステージにセツさんとマリリンがいて 奇しくも同じイメージの衣装のふたりが(てか マリリンのパンツルックには驚いた)
終盤でマリリンをおんぶするセツさんとか。。。めちゃエモい演出で
いきなり衝撃
 
だがしかし 衝撃は続く。。。
 
ユナちゃんのソロ 「うさぎのファンタジー」

生誕のスペシャルで今回温存かとおもってた俺は甘かったw いや なにこのいいとこ「出し尽くす」感
すごいすごいっ
まじ音源発売お願いしますっ
 
いいもんみたなぁ〜 とおもったとこで
 
「人形」エリィ ソロですがな。。。
「ハイパーソニックラブ」 は なんと ショルダーキーボードで! よかったね〜エリィちゃん また弾けて(ついこの間、せっかく覚えたのに〜 と 意欲満々なの聞いたのでw)
 
マジこめするけど
最高のエリィソロでした。 やっぱり 怪獣としてボーカル務めるようになったからってのもあるかもしれない
ボーカリストとしてのレベルの高さ
 
でもさ ふとおもったけど 人形エリィソロ そして 人形と妖精 もぜひっ ライヴ企画で出現してほしい
もちろん ユナちゃんソロもだけどね
 
。。。。。 ふぅ ここまででも 興奮いっぱいでしたが。。。。
 
本隊登場
 
こっから先は バンド編成でのエコ怪獣 すっごくお金かかってそう(て いっていいのか笑)
うん これはすごい すなおに
 
エコ怪獣はバンドなのか?て すっと。。。入ってきた
それも いやこれだ これじゃないと! ておもったのが
「MEZAME」
 
タコサムさんが新たに振りつけたんだって すごかった
うん すごい てのはなんだろこの不思議なパフォーマンス。かっこよい
このサイドパフォーマンスダンスをやってのけるのはエコ怪獣しかできない と断言できるレベル このダンスをかっこよくできるのはね
そんなギリギリなの作るのほんとすごい それ実現できるのもすごい
 
今宵エコ怪獣本隊は全曲バンド!
「サササササ」も「夢へのカウントダウン」も まじかっ
 
そうだ
「夢へのカウントダウン」は いちばんいいとこでSEが入んないというトラブル! もう ぜったいリベンジあるべし
せっかくのエリィちゃん食べられるだったのにね〜 たぶん いえ ぜったり「バンドでリベンジ」やってくれることでしょ ね セツさん(笑)
 
だが
そんな夢カンも すばらしかった!
ギターのエッジ ベースリズム ドラム切り込みがまじすごかった
 
さあ。。。
 
バンドでのボーカル 俺のこだわりどころ エコ怪獣はバンドじゃなかったからこれまで「断」じてなかったんですが。。。
ここで
あえて エコ怪獣 の「バンド」としての感想を。。。。
 
すばらしいっ!
ボーカル セツさん 最高です!
 
やっぱ 一目惚れしたボーカリストセツさんは間違いなかったなぁ うん
 
■決意とは
 
進化ですか
 
ライヴいくたんびに あ 前いってんな て感じます
 
翻って
そんなエコ怪獣軍団 メンバーのみなさんの 「決意」
いつもいってることぢゃないか うん それがいいんだ
 
そして 一軍団員マッキーの決意
 
俺はまだまだ下っ端です エコ怪獣のお客さんとして
せめて
 
いちばんライヴを楽しんでる軍団員になりたいです
 
まぁ それがはっぴーだからね
乾杯♪

JUGEMテーマ:音楽
comments(0), trackbacks(0), -,このエントリーを含むはてなブックマーク
異色 〜 4.17 イロメガネ @KKL12 西川口HEARTS
category: 音楽ネタ
まさかこの対バンが実現するとは思わなかった。
 
エコ怪獣主催にイロメガネが出演!
その方向性はまったく違うと思うんだけど、どちらも極めて「異色」な演者さんたちということでは共通するところがあるのかもしれない。
今回、イロメガネがこのステージに立ったということはすごく意味があることだと強く感じてました。
 
今宵はスタートのクレヨンゆーちさんとそれに続くエコラ怪獣のフロアは光ものであふれるだろうから
出演前に「あゆさんどうする?」と聞いてみたら「青がいい」とのことでしたので
イロメガネライブではめったにないことですが、フロアを青であふれさせました(笑)
このシチュエーション、お客さんでしかできないかも
 


■セトリ
 
1 大好きよ
2 なによりも、へいおんを。
3 勇気を持ってグッドバイ
4 ブラックバードを歌って
5 白い橋
6 3連符4拍子

 
■ライヴのようすとか
 
アコースティックバージョンで登場
サポートは凄腕中平さん
 
アコースティックで出演なんだけど、音が派手だったなぁ
中平さんがすごく多彩なんですね。
 
あゆさん自体「暗い曲やっちゃうから」とライヴ前からすごく緊張していらしたのだけど(笑)
今宵はいつも以上に、イロメガネをどう演じるか、たいへんだったとおもう。
だけど
 
イロメガネ始まったとき、俺はアりだ!って思ったよ。
むしろここまで徹底した世界感は強烈な印象を残したと。
そういう意味で この日この場所のイロメガネがいつも以上の名ステージだと感じました。
 
あゆさんがいうほど「暗く」はなかった。
 
「なによりも、へいおんを。」という脳内ぐるぐる系フレーズの、詞のテーマはともかく笑、楽しい曲ですし、
ラストの「3連符4拍子」なんてアコースティックでやってもここまで能天気な曲、めったにないよ
てか いつも感じてるけど、イロメガネは「暗く」ないと思う。どのフォーメーションでも。
 
それは 曲展開が独特だし、演者によるけど、たとえば今回サポートの中平さんがやるといろんな表情の音がでてきてて
そんなところが派手って感じるとこなんだろうな

今回気づいたりした。 こんなに観てきてるのにねw
 
さて
 
「勇気を持ってグッドバイ」 もう何度も聴いてる曲なんだけど
この曲が新作アルバムのリード曲だそうで、最近特に気合入ってるというか演じられるレベルが上がってると思います。
発売、音源がどうなるのか?ライヴがどうなるのか?
予感させられます。 バンドバージョンは圧倒されるもんね。 アコースティックもシンプルでいいな。
 
あと
きっちり泣かせてくれるわ 「白い橋」
いや 泣かせられるってのはちょっと違うな。生で聴いてると痛々しい焦燥感すら感じる。
俺はこのざわつき感がこの曲の魅力だとおもう。
しっかし
今回は起伏の激しいセトリで目が離せない
 
いやまて
確か曲順間違えたっていってたよねあゆさん(笑)
そう MCごと間違えてました。
「(曲順を)変えてもいいよ」 ってさらりといってのけた中平さんすごいわ
 
あーそうかも
今回、心ざわつく印象だったのは、この微妙な変更があったのかもしれない。
 
俺的にベストシーンだったのは
「ブラックバードを歌って」のフロアレスポンスが豪華だったこと。おーっ てやつ
テンション高いお客さん多いといいねぇ 光ってたし笑
 
いつもと違うテンション
そんなところが この日、西川口ハーツのステージにでてくれてよかったと思ったんです。
 
そして
 
やはりイロメガネ あゆさん 視線の迫力はすばらしい!
この「視線」があればイロメガネは最強。。。

JUGEMテーマ:音楽
comments(0), trackbacks(0), -,このエントリーを含むはてなブックマーク
うさぎの妖精ユナ 〜 4.14 エコ怪獣 @KKL11 渋谷GUILTY
category: 音楽ネタ
これでエコ怪獣のメンバー全員の生誕は経験したかな?
 
前回のセツさんの生誕から1か月ちょっとしかたってなくてイベントいっぱいのエコ怪獣ですが
セツさんのときはいろいろあって(個人的にも)たいへんだったけど(笑)
 
今回のユナちゃんの生誕は(も)純粋なライヴイベントとしても楽しい、
そしてエコ怪獣のステージとしても、俺の体験してきたなかでも屈指の名演であったとも感じました。
 
ユナちゃんらしい雰囲気だったんですよね〜

やっぱ ユナちゃんの個性的なところ(これは彼女の最大の武器のひとつ)、

いいなぁ...



特別な日だったので

「ユナちゃんかわいい」

といっておこう(笑)
 
■セトリ
 
1 大きな魚
2 サササササ
3 ういんどらいど(ユナソロ)
4 夢へのカウントダウン
5 怪獣ROCK'N'ROLL
 
en1 うさぎファンタジー(ユナソロ 新曲)
en2 ラララララ

 
■ライヴのようすとか
 
エコ怪獣のライヴは 迫力激増でびっくりした。
今宵はいわゆる「初代」で ひさしぶりなところはあったのだけども
 
実は俺は「初代」「2代目」って公式にも区別はされてるんですが どちらを観るときも「同じ」最高レベルのエコ怪獣としてステージに臨んでるとおもうしこっちも ただ 「エコ怪獣」 として接することを心がけてます。

そんな観点でみてると最近のエコ怪獣はやはり進化はとまらないって思い知らされるんですね。
 
セツさん、最近むしろ開放的になったと。奔放で自由な感じが強くなったと思います。
そんなところがエコ怪獣がまたひとつ変わったと思うところ。どうしてもステージから目を離せないしフロアの熱狂には自然にうねりに身をまかせ、声を上げてしまうような流れ。
こんなライヴってほんとそう出会えるもんじゃない。
 
今宵はさらに印象的だった うさぎの妖精ユナ

ユナちゃんといえばな「ういんどらいど」がひさしぶりだし、
ふわふわした印象なユナちゃんだけど貫禄がでてるなぁ とちょっとびっくりもした。
 
今回の目玉ともいえるユナちゃんソロ2曲目の新曲
「うさぎファンタジー」がこれまたすばらしいっ 女神天才だわ。。。
 
意表をつくエフェクトがかかったボーカルでエレクトロな曲はユナちゃんのイメージを覆されました。

新体制エコ怪獣軍団にはセツ エリィ リリカという豪華なボーカル陣を擁していますけど
妖精ユナも軍団ボーカルカードに加わった瞬間とさえ感じました。
 
そして
エコ怪獣進化はユナちゃんだけじゃなかった。
 
「夢へのカウントダウン」
今回は妖精ユナが「食べられる」演出だったのですが なんと 食べられるまでユナちゃんがほとんど動かないという展開!?
 
夢カンの絶対難易度高いダンスパフォーマンスはエリィちゃんとユメちゃんという初めて観たフォーメーション。
これがまた
ユメちゃん、すごかったなぁ
エリィ&ユナの精密なシンクロにも引けを取らないパフォーマンス まったく違和感なくさらりとやっていたところがすごかった。
 ユメちゃんの進化もめまぐるしい。
ユメちゃんはエコ怪獣は初代も2代目も、そしてエコラ怪獣はリリカとして全部で活躍してて、並大抵じゃないモチベーションにはほんと頭が下がる。
 
そして、5人体制となったエコ怪獣の圧倒感
 
「サササササ」のステージ上の動きの豪華さ
全曲にわたってのコーラス部分が生音声で入ったり
そう
より「リアル感」がでてきたところ。
 
17日にまた主催企画があるんだけど、これにバンドが加わるんだぜ。一度みたけど、それでもどんなエコ怪獣になるんだかわくわく感を禁じえないよ。
 
あとね
今宵、時間に間に合わなかったけどエコラ怪獣がすごかったらしい
ライヴ後のちょっと高揚してるレイナちゃんササヲちゃんみてたら 納得できるわ。
 
エコ怪獣軍団
うーむ 毎回毎回なんだけど ほんと目が離せないなぁ
エコ怪獣、そしてエコラ怪獣も全部のライヴ体験したいわーマジ
 
■うさぎの妖精ユナ

うさぎ感アップ(笑)
 
2202歳だって!(おめでとうございます)
なぜ一年で2歳カウントアップされたかそのロジックがまったくわかりませんが(笑)
 
前にも書いたとおもうけど
 
ちょうど一年前ぐらい、
それから4か月さかのぼること初めてエコ怪獣を観てそのときちょっとだけ物販いってCD買って
4か月ほったらかして(うーむ一生の不明なり...) 2度目にエコ怪獣観たとき、
 
物販行こうとした俺をひとめみたユナちゃんが
「わー」
と いつもきてるお客さんに対するリアクションだったのにすごく驚いた。
4か月ですよ、絶対覚えてないじゃないですか ふつー。
さらに
いついつの誰のファンでとかしっかり当たってて
 
ほんとこのこただもんじゃねぇ と驚愕したので
そのとき、俺は


エコ怪獣通うしか

って思ったんです。
 
ユナちゃんは俺のエコ怪獣恩人なんですよ。あれからもうすぐ一年経つんだなぁ。。。。

JUGEMテーマ:音楽
comments(0), trackbacks(0), -,このエントリーを含むはてなブックマーク
エコ怪獣セツ 〜 3.07 KKL10ボス生誕祭@渋谷DESEOmini
category: 音楽ネタ
エコ怪獣企画KKL10 は エコ怪獣のボス、セツさんのお誕生日、つまりは生誕祭でした。

エコ怪獣を初めてみて、それからしばらくして4月のおわりにもなってからハマってというとてつもなく申し訳ないスタートから
まだ一年たってない、俺からしてみると大好きなセツさんの記念すべき日は初めてでして
このライヴとっても楽しみにしてきました。

迎えてみたこの日

そんなセンチメンタルな俺の想いを見事にぶち壊してあまりある衝撃(笑)
さすがわ セツさん

俺の解釈はあとで書きます。。。

その前にエコラ怪獣
うん みるたびにいいかんじになってるよ
それにね
夢へのカウントダウンのとき、偶然観た、物販留守番してるみなさんが、踊ってるっていうより俺は真剣にダンスをコピーしてたと感じて
ちょっと感動したよ がんばってほしい 応援せざるをえないよこういうのみちゃったら。。。

あ お花とかみごとに写真とるの忘れてたわww

■セトリ

1 MEZAME(シンコ&セツ)
2 まじっくすとろべりー
3 おののこマーチ(女神ソロ)
4 涙のぶらっくほーる
5 サササササ
6 夢へのカウントダウン
7 大きな魚
8 怪獣ROCK'N'ROLL
9 ラララララ(本隊+妖精ユメ)

en1 彗星らいだー

en2 すたーらいと


■ライヴのようすとか

エコ怪獣スタート 衝撃

登場したのは和風な?めちゃかっこいいシンコさん
そして 初めてみたパンツルックでボーイッシュなセツさん
のみ といういわゆるソロスタイル
まさかの「MEZAME」 初めて! びっくりしました。 てか いいじゃん!なんでいままでなかったのだろう いきなりやられた

スタートからいつもと違う なんだろ そんなテンションにちょっと緊張しました。

まじすともいきなり! っていうね
なんという俺得セトリ いきなり引きこまれましたねぇ

それからシンコさんのソロが おののこマーチで 
ここだけみたら エコ怪獣ってなんやねんwww って雰囲気でそれもまたさすがっ!

さて
今回は生誕祭という特別なライヴでして
夢へのカウントダウンのあとにサプライズタイムがありまして
僭越ながら「サプライズ隊」として活躍させていただきまして、夢カンと大きな魚はちょっと観れなかったですけど
絶対すばらしかったんでしょうねぇ〜

ちなみに
サプライズタイム、ケーキもたせていただいたんですが ろうそくの火をたやさないことに全力で(笑)動きが緩慢になってしまってもうしわけないです。あんなに俺的クライマックスとしてたバースデーソングの合唱もそれどころじゃなくてすみませんでした。
セツさんの厳しいつっこみも、逆に救われました(笑)
いいおもいでありがとうございます 俺が(笑)

続きはもう 全力で!
怪獣ROCK'N’ROLL 最前でみさせてくれてありがとうございました。
実はライヴっていつも2列3列以降でみるんですが
こんなにも会場いっぱいのときに、最前でみるというのも初めてかも。
セツさんにあたりそうなぐらいだったんだけど、違いますねぇ直前は。圧倒されました。 忘れないよあの光景は。。。

と もういっぱいいっぱいだったんですが

さらにそんなのぶち壊した 本編ラスト
衝撃の「ラララララ」

シングル「サササササ」のプレミアム盤に収録の幻の曲
とうとうきましたっ
タオルまわすのエコ怪獣では初めて?
途中シンコさんのトランペットがっ! 

なるほどっ こんな感じなるんだっ! 
生誕祭にふさわしい 最強の衝撃! これだからエコ怪獣は最強なんだ。



思ってた俺は甘かった。。。。

アンコール

なんとセツさんが登場しない!?

黒いドレスに身をつつんで ボーカルを務めるのは
「エコ怪獣エリィ」!!!

ダンサーには 妖精ユナ そして エコラ怪獣リリカこと妖精ユメ!

さらに レベルが高いアンコール2曲は正直すごいとおもった。初めて目にしたのだけど ほんとうまいとおもったし
いつの間に?という不思議な感覚だった。

熱狂につつまれ セツさん生誕ライヴは幕...

■エコ怪獣サプライズ

アンコールはエコ怪獣お得意のサプライズだったとおもう
まさか
セツさんの生誕のとき、エリィちゃんが歌う 
サプライズの斜め上いってた。

そして
これは エコ怪獣の新体制が確実になったてことを意味してるとおもいます。

正直、俺はセツさんが大好きですので、ショックじゃないといえばうそになります。
だけど
同時にこれはすごいとおもったし、エリィちゃんボーカルも正直ここまで!とおどろいたし
俺はあえてこの日のこの場面でのこのステージ、
逆にセツさんの凄みを感じたよ

新体制は4月からとのこと

俺はエコ怪獣これからもずっと愛していきます これは断言します。

JUGEMテーマ:音楽
comments(0), trackbacks(0), -,このエントリーを含むはてなブックマーク
続報サササササ と KKL9〜 衝撃エコ怪獣の一週間
category: 音楽ネタ
オススメしていたエコ怪獣の「サササササ」なんですけど
予想を大きく上回る、タワレコ渋谷デイリーどころかタワレコ全国全店でデイリー1位
さらに
オリコン10位! 

いまですね CD屋さんでは品薄みたいです。

俺はね 音源は売上至上ではない これだけはいっときたい。

でも ここまでくるのみると最終的になにが起こるのか? 観てみたい。。。
なにか大きな流れを感じるんだ

そしてこのタイミングでリアルなエコ怪獣
ライヴ
DESEOminiでの圧巻。。。。煽られて、最強のステージ
だったのですが。。。

さらに
ハーツでのKKL9(怪獣キラキラランドの略です 主催イベントです)
忘れらないライヴがまたひとつ。。。。



■KKL9セトリ

人形妖精(エリィ&ユナ)
1 ぴんぽんしゅーず
2 スキちゃん(カバー曲)
3 ぴょんぴょんぴょん


ゆぴゆぴ(ユナユメピノ 妖精's)
1 すき
2 きらきらぴかぴか


エコ怪獣
1   怪獣ROCK'N’ROLL
2   涙のぶらっくほーる
3   すたーらいと
4   サササササ
5   夢へのカウントダウン(vo.セツ&ササヲ)
6   彗星らいだー(vo.ササヲ)
7   ういんどらいど(妖精ユナ)
8   ハイパーソニックラブ(人形エリィ)
9   おののこマーチ(女神ヴィーナスシンコ)
10 まじっくすとろべりー

en 大きな魚


■ライヴのようすとか

人形と妖精から主役級クラス ほんと存在感あるなぁ
俺がエコ怪獣の曲でも最も好きな曲のひとつ、「ぴょんぴょんぴょん」を擁してるので OAだったんだけど外せない
人形と妖精 この高性能ユニットもっとライヴやってくれんかなぁ

あと 唯一のゲスト情熱マリ子さん エコ怪獣グループと見紛うよう(笑)
前、六本木でみててかなり好きなスタイルで今宵もすばらしかったです。
また対バンしてほしいし、どっかで冷静に観てみたいですね。

んで 触れずにはいられない
トリ前の ゆぴゆぴ
ピノちゃんもゆぴゆぴ衣装に身を包み、3人体制も本格化か。
ユメちゃん安定感間違いなしな貫禄だ。
妖精隊長のユナちんは全グループ出演のさすがの隊長っぷり
ピノちゃんがんばれ な 親心も芽生えつつ(笑)

課題は「曲数」か
3人の「すき」もすてきなパフォーマンスで楽しくなってきた。単独公演・・・曲もっとあれば実現?

そして

今宵のエコ怪獣 また伝説がひとつ(でもこの数カ月で何度も俺的伝説認定多すぎて。。。逆にそのぐらいライヴがうまいんだけど)

衝撃その1
新しいエコ怪獣がやってきた
エコラ(生まれたばかりのエコ怪獣ってことらしいです) ササヲ 初登場!

正直なこといっちゃうと
俺はボーカルのセツさんがいちばんのポイントだと思ってますので、ボーカル体制が ほんの少しでも 変わるってことに対して衝撃を受けてました。
でも
初めてササヲちゃん観てほんと、がんばってもらいたいって思ったのです。
俺はセツさんの「選択」を信じてるから。

衝撃その2
サササササ

こりゃーすげー!
振り付け、タコサムさんってほんとすごいもんつくるな!
「サ」の字を形なフリ、めっちゃコピたのしみ!がんばる俺(笑)

「エコ怪獣はスポーツだ」といつもいってる俺ですが
スポーツ度増しましたねぇ これだけでもライヴががらりと変わりそうな曲なんですけど

サササササは長尺な曲
ライヴは生物でなにが起こるかわからんもんだけど
ラストのところ、ボーカルが終わったところでセツさんかなり苦しそうな表情で、エンディングフレーズを残しステージをいったん下がるって展開だったんですが
それを振り切るようにエリィちゃんが暴走ともいえるさいごのキメふり、
ユナちゃんシンコさんも続き、 え え? てかんじのセツさんもこの流れにノリっていうシーン
そういう演出なのかトラブルなのかわからんけど

熱いなエリィっておもったんだ
エコ怪獣がこういう熱いのやるのってのがね 進化だとおもう
どうしよ こういう演出だったら(笑)

衝撃その3
まじっくすとろべりー

大好きな曲です
新しいアレンジ ほんと大好きなんですよー 音源でないかなぁ
俺的に今宵いちばん暴れた 
ボクシングのラウンド展開なライヴは 毎回でも体験したいっ

最大衝撃

大きな魚

アンコールの前にMVが流れたんだけどこれが衝撃的
エコ怪獣初のMVに会場全体が戦慄に包まれる。ライヴとはまた違う感覚ながらエコ怪獣にしかできない映像

なんだこれ!?すげーじゃん! 衣装? メイク? 女神!?
と興奮状態でその衝撃映像が流れてた幕が上がったら

その後ろに控えてたのはそのMVの衣装をまとったエコ怪獣 女神 人形 妖精
やばい
そこに展開されるライヴパフォーマンスに心震えた

大きな魚 ある意味難しいシーンだな
だけどいまは 自分なりの見解で観て行きたい

という伝説ライヴ これ なんと 500円だったのです。

■エコ怪獣の怪獣さん

MCで
「ボーカル好きじゃないって声もあって。。。」みたいなことなところ 俺の涙腺きれた

エコ怪獣のボーカルはいろんな意味で変わってるとおもう
俺は 
エコ怪獣がいつもライヴやってるなかのはなやかな出演者さんたちのボーカルさんたちとはちょっと雰囲気が違う
そのボーカルにまず、ひっかかったんだ
だから俺はセツさんの歌は大好きです。 初めて観たときからずっと好きな歌声っていってます。

サササササと大きな魚は セツさんやりたかった曲だとおもうし、そういう曲をエコ怪獣にしたシンコさんはすごいとおもいます。
そして今回のリリースはその歌が間違いなかったとおもいます。

これからもセツさん、ずっと聴きたいねぇ



JUGEMテーマ:音楽
comments(0), trackbacks(0), -,このエントリーを含むはてなブックマーク
New Entry.
Category.
Archives.
Comment.
  • 7.29 エコ怪獣 @渋谷WOMB 〜 KKL14 エリィ生誕
    おとかむ (07/30)
  • 試練 もしくは チャンス? 〜 12.01 ユナイテッドモンモンサン @渋谷チェルシーホテル
    lucky (12/05)
  • 絶対オイシかったって! 〜 11.14 URBANフェチ @下北沢BASEMENTBAR
    管理人 (11/20)
  • 絶対オイシかったって! 〜 11.14 URBANフェチ @下北沢BASEMENTBAR
    lucky (11/18)
  • URBANフェチをこよなく楽しみました 〜 8.04 URBANフェチ @下北沢BasementBar
    lucky (11/17)
  • URBANフェチをこよなく楽しみました 〜 8.04 URBANフェチ @下北沢BasementBar
    管理人 (08/10)
  • URBANフェチをこよなく楽しみました 〜 8.04 URBANフェチ @下北沢BasementBar
    うめこ (08/07)
  • ビークルのお面なかんじ
    写真の髪型 (06/06)
  • ビバ府中! 〜 4.14 nicco @府中Flight
    府中の不動産屋 (04/22)
  • 木村カエラはバンドです 〜 3.28 木村カエラ Synchronicity Tour 2013@NHKホール
    管理人 (04/02)
Trackback.

Profile
Calendar
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
kaela ticker
Sponsored links
blog chart
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search